vmc_2018.jpg  
  Contents
マスタークラスとは
講師・今井信子
2018年の開催概要
スケジュール
受講生
ピアニスト、アシスタント、ゲスト
レッスン
バルトーク勉強会 (1/5&12)
公開バッハ塾 (1/6&11)
新光南子ども会 (1/7予定)
コンサート1 (1/8)
杜のつどい演奏会 (1/11予定)
ヴィオラブーケ・コンサート (1/13)
コンサート2 (1/14)

聴講生募集

小樽観光リンク集

2017年の活動報告
2016年の活動報告
2015年の活動報告
2014年の活動報告
2013年の活動報告
2012年の活動報告
2011年の活動報告
会場とアクセス
スポンサーリンク
お問い合わせ

トップページに戻る


  ● 2018年 レクチャー

大槻晃士 公開バッハ塾
日時:【第1回】2018年1月6日(土)19:45 〜21:15(90分)
会場:小樽・朝里クラッセホテル 2F ナパイア
   小樽市朝里川温泉2丁目676

日時:【第2回】2018年1月11日(木)19:45 〜21:15(90分
会場:ペンション・シャドウクラッセ
   小樽市朝里川温泉2丁目681-13

バロック音楽とバッハを研究される大槻晃士さんの「バッハ塾」です。実演を交えてのお話や、受講者とのディスカッションを行います。対象はマスタークラスの受講生・聴講生ですが、一般の音楽愛好家の方にも公開しますので、お気軽にご来場下さい。

※参加費は無料です。各回とも19:30から会場前で受付を行います。受付時に聴講マナー等のご案内をお渡ししますので、ご協力をよろしくお願いいたします。
※主に英語で説明・進行されます。一般向けの通訳は行いませんのでご了承下さい。


 ▼ 2015年1月4日の第1回レクチャーは今井先生の挨拶から。
20150104_01.jpg
 ▼ 大槻晃士さんのバッハ愛にあふれるレクチャー。
20150104_02.jpg
 ▼ ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(ヴィオラ・ポンポーサ)の紹介。
20150104_03.jpg
 ▼ 受講生・河相美帆さんのバロックボウでの演奏。
20150104_04.jpg

otsuki.jpg
講師:大槻 晃士 Koji Otsuki
   バロック・スペシャリスト
テンプル大学大学院合唱指揮科、東京藝術大学古楽科(バッハ研究留学)、インディアナ大学古楽科博士課程にて学ぶ。現在はテンプル大学で指揮法の教鞭を執る傍ら、マルボロ音楽祭で音楽司書長として芸術監督内田光子氏らのサポートに従事。同氏の要望により、近年は当音楽祭でバッハ・カンタータの指導に尽力する。バッハを鈴木雅明とヘルムート・リリンクに、バロックヴァイオリンを若松夏美とスタンリー・リッチーに、古楽アンサンブルを鈴木秀美の各氏にそれぞれ師事。ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを独学し2013年に演奏活動を開始。ガムット・バッハ・アンサンブル主宰。現在米国フィラデルフィア在住。

 
         
      企画・運営:ヴィオラマスタークラス実行委員会
連絡先:〒047-0152 小樽市新光5-28-4 高野方
 Tel. 0134-54-4174 / Fax.011-351-5301
 email: vmc.takanogmail.com
※メールアドレスは@マークを半角にしてご利用下さい